2015年振り返り。

2016年になったので2015年を振り返りたいと思う。

2015年は、悪いことがたくさんあった。小腸炎で入院時に癌の可能性があると言われたり(結局大丈夫だったが。。)、他にも入院とは別に胃潰瘍になったり。会社では仕事がとても忙しく夜遅くまで残ったり、他にも大きな異動があったりと激動の一年間であった。なぜ自分がこのタイミングでと思うことも多く理不尽な想いをすることもあった。

その中で感じたのは、自分の価値を高めないと行けないのだなという事。
今私が所属している会社は人数も多く、大きな歯車の中で仕事をしていると、自分ではどうしようもない事もたくさんある。その結果、納得のいかない異動や解雇などを経験する可能性もある。そのため、私個人が能力を高めて仕事を作れるようにならないとこの先生きて行けないと感じた。大きい会社だと分業で一人ひとりはほんの一部しか作業できない。私の場合は、海外で市場を分析する人、企画をする人、ソフトウェア開発する人、販売する人など作業が分かれていて、一人ひとりはほんの一部でどうしても全体像が見えにくい(今は、個人で全体を認識しなければ行けなかったのだなと強く感じた)。そのため、いざその仕事から離れる場合に次のフィールドですぐに戦力になるかどうか。戦力にならなければ解雇になってしまう。どこでも通用する能力をつけなければいけないなと感じた。言われた仕事をただこなすのではなく、何を作るべきなのか経営視点から考えられる力が必要だと感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です